姫の子ども達
柴犬の子ども達、両方とも男の子です。
日本犬保存会に登録し、父「大雷」・母「山の琴寿」に因んで、
それぞれ「海の琴正太」「海の雷殿下」と命名しました。

姫の子育ては、はっきりしていて、生まれたばかりの頃は体を張って子ども達を守り、
おっぱいをあげ、歩けるようになり一人でエサを食べられるようになると、吠えたりかじったりして
厳しくしつけていました。子ども達も親に抵抗して、はた目には喧嘩しているようにしか見えませんでしたが、
犬の社会関係を教えていたのでしょうか?これから一人で生きていかなければならない厳しさを
教えているようでもありました。約3か月親子でみっちり暮らし、琴正太は長野の弟の処へ、
雷殿下は行徳の中台製作所さんへもらわれて行きました。
(平成22年4月1日記)