茅の輪くぐり

6月30日(木)
 昨夜、出先からの帰り道、神社の前を通りかかった時、お宮の前に大きな輪が作ってあるのを見つけた。
夕方、学校から帰ってきた子どもたちを誘って出かけてみた。
 茅の輪くぐりの神事で、堀江の清瀧神社・猫実の豊受神社・当代島の稲荷神社で今年から始めたらしい。
6月と12月の末日に行う神事で、6月は夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)と呼ぶそうだ。
 茅の輪を、左回り、右回り、左回りと8の字を書くようにくぐり、半年間積もり積もった心の曇りや、
疫病を祓い、身を清める神事だ。堀江を廻り、猫実に着いた頃、ちょうど神事が行われていて
大勢の氏子さん方がお祓いを受けていた。私たちも輪をくぐり神前に詣でお題目を唱えた。
 あー、何もしないうちにもう1年の半分が過ぎ去ってしまった。怠け者に諸天善神の守護はない。
後半6ヶ月間、ガンバルゾー。