尽七日忌

  6月12日(月)

今日は当HPの管理人チャミのお母さんの尽七日忌でした。
チャミとは小学校からの同級生で、いつも境内で一緒に遊び、
沢山の思い出が昨日のことのようです。
夕方5時になると、いつも境内の裏口から「まさみ〜、ごはんだよー」
って呼びに来ました。
ある時、チャミのお母さんには、ししゃもを焼いて食べさせてくれました。
私はその時、初めてししゃもを食べたんですが、お腹の中に卵が
いっぱい詰っていて、香ばしいにおいで、頭からガブリと食いました。
ししゃも初体験でした。

お通夜のお経の後、このししゃもの一件を思い出して、親族の前でお話を
したところ、チャミのおやじさんが「亡くなる前に、女房に何が食いたいって
訊いたら、ししゃもが食いたいって言ってたんだよ。不思議だなあ。」と
いってました。チャミのお母さんと私はししゃもの縁で繋がってるんだなあ。
これからはししゃもを食べる度に、チャミのお母さんを思い出すでしょう。
尽七日忌を迎え、新たな人生の一歩を踏み出したチャミのお母さんの
ご冥福を祈ります。    合 掌