読み聞かせ

3月5日(水)
小学校の読み聞かせに行ってきました。
5年生の次男のクラス担当。
大好きな「葉っぱのフレデイ」を読んできました。
朝のホームルームの10分間じゃ、ちょっときついかなと
思ったのですが、案の定、時間オーバー。
でも、みんな静かに聞いてくれました。

「ぼく 死ぬのがこわいよ。」
という葉っぱのフレデイは
親友のダニエルから「死ぬ」ということの
意味を教えてもらいます。

「世界は変化しつづけているんだ。
変化しないものはひとつもないんだよ。・・・・
ぼくたちも変化しつづけているんだ。
死ぬというのも変ることの一つなのだよ。」

これを聞いたフレデイは安心して死んでいくのですが、
はたして自分は死ぬ時こんな気持になれるかなあ〜。