お会式

◎お会式とは
 弘安5年(1282)10月13日午前8時、日蓮聖人は、
 池上の地にて安らかにご入滅された。御年61歳であった。 
 その時、大地は震動し、日昭上人が鐘をついて聖人の
 臨終を告げると、秋だというのに時ならず桜の花が
 咲きほこったと伝えられる。翌14日は葬儀、15日に
 荼毘の式をあげ、「墓は身延にたてよ」というご遺命によって、
 身延山にご聖骨をお納めした。それ以来、毎年、
 聖人のご命日には、弟子、信者たちが報恩の法要儀式を
 営んでいる。この法要儀式をお会式と呼ぶ。現在、
 日蓮宗各寺院では、日蓮聖人のご命日、もしくは
 ご命日に近い日にお会式を営んでいる。

◎万灯練供養とは
 日蓮聖人ご入滅の時、時ならぬ桜の花が咲いた事にちなんで、
 桜の花で飾った万灯をかかげ、まといを振り、うちわ太鼓を打ち、
 ゆかりのお寺にお参りする事。
 池上本門寺のお会式は、江戸の名物として全国に知られている。

◎正福寺では
 正福寺では、昭和の初期までは3日間にわたってお会式が営まれ、
 堀江と猫実の万灯講によって万灯練供養が行われていたが、
 やがて2日間になり、最近では11月12日の1日だけ、法要のみに
 なってしまったが、平成9年より万灯練供養が復活した。

◎万灯練供養復活について
 平成6年、有志で池上本門寺をお参りした際、盛大なるお会式に
 感激し、「昔、浦安でも万灯をやっていたんだから復活させよう」と、
 正福寺と縁のある川崎の了源寺・了信会に太鼓とまといを習いに
 行き、平成9年に万灯練供養が復活した。