九州参拝の旅 平成十八年四月二十五日〜二十七日

泉澤慎吾記

羽田を発って一時間半。快適な空の旅も一息入れる間もなく福岡到着。
出迎えの観光バスで、三日間の九州方面参拝の旅の始まりです。


飛行機から富士山がきれいに見えました

【日蓮聖人銅像】

心配された天気も上々。南国の日差しを浴びて出発。福岡東公園の一角に、
全長十メートル、重さ七十五トンというとてつもない大きな日蓮聖人銅像。
蒙古の方を向き左手に立正安国論、右手に数珠を持ち、玄界灘の海風に法衣をひるがえし
海の彼方の人々に法華経を説く姿。台座の正面に「立正安国」の文字、
周囲には七枚の銅版の法難図がはめ込まれ、その周りをお百度を踏む人々が絶えないそうだ。
全員でお題目を唱え、法難図を手で触りながら周囲を廻った。

【大宰府天満宮】

「東風吹かば・・・」の歌で有名な菅原道真公。延喜三年(九〇三年)、
ここ大宰府でその生涯を閉じた。道真公は学問の神様といわれ、
天満宮は道真公をお祀りしているので、受験生や修学旅行生で賑わっている。
お参りの後、名物の「梅ヶ枝餅」を売るお店が軒を連ねている参道を通り、
大宰府をあとに佐賀県小城市に向かった。