平成19年新春初参り

平成19年1月7日(日)
今年は恒例の中山法華経寺と荒行堂、
そして上野アメ横の中にある摩利支天徳大寺をお参りした。
参加者73名、マイクロバス4台に分乗し、朝8時、毎年お決まりとなっている集合場所の江川橋を出発。
道が空いていたため、30分で中山に着いてしまった。
今年は暖冬だが、中山は浦安より幾分温度が低く寒い。
祖師堂が開く9時までバスの中で待機し、御開帳を受けた後、聖教殿を参拝。
聖教殿は荒行堂の水行場のすぐ横にあるので、
荒行僧の唱える水行肝文と水しぶきの音が身近に聞こえてきた。

荒行堂では、300日目の荒行に入っている地元松戸出身の中村方謙上人を導師に
沢山の荒行僧に囲まれ、気迫のこもった御祈祷を受けた。
その後、法華経寺の客殿をお借りして、お弁当を食べ、12時過ぎに上野摩利支天に向って出発。

摩利支天徳大寺では、先ず寺院の景観に皆がビックリ。
アメ横の商店の上に立派な伽藍がドーンと建っているのだ。
徳大寺では、御開帳の後、ご住職より干支の話を中心に法話を頂き大変ためになった。
特に意識しないで計画をしたが、摩利支天像が今年の干支の猪の上に乗っていることや、
今年の大河ドラマの山本勘助の守護神が摩利支天であったりと、
今年の初参りはなかなかタイムリーであった。

  
法華経寺祖師堂にて御開帳                      聖教殿にて

  
上野アメ横にある摩利支天徳大寺               徳大寺ご住職より法話を頂く