栃木・会津参拝旅行記〜その1〜

本山巡り参拝の旅も今年で十二回目を迎える。栃木・会津方面、初夏の東北路。

 五月十一日一行四十一名、正福寺ご住職に見送られ江川橋際を出発する。
車は首都高速から東北道に入り一路北へ。心配された渋滞もなく、途中休憩を交えながら
栃木に入り、羽生を過ぎ程なく佐野市の開本山妙顕寺に到着する。

 永仁二年〔一二九四〕、中老僧天目上人が下野の国で布教している時、
唐沢城主の佐野家及び家臣の若田源五郎光盛が帰依し一宇を建立、
天目上人を開山に仰いだのが始まり。永享四年(一四三二)、
時の将軍足利義教公より寺領三百石を寄進され、
永正四年(一五〇七)佐野家の祈願所となった。天正二年(一五四七)に
火災にあい全山焼失、慶長七年(一六〇三)、唐沢城の春日山移築に伴い
鬼門除けとして現在地に移るも寛成六年(一七四九)、
再び火災にみまわれ現存する鐘楼のみ残しすべて焼失、
現在の堂宇は安政二年の建立によるものである。寺宝には日向上人作になる祖師像、
宗祖荼毘所灰及び御砕骨などがある。一同合掌しお題目を唱え御開帳が行われた。
後、客殿にて湯茶の御接待をいただき次の目的地に向かって山門をあとにする。 (つづく)

               <文章・檀家 泉澤慎吾 いずみさわしんご>

  
                                              開本山妙顕寺・栃木県佐野市